<<   >>

システムの考え方

by 管理1

皆さんこんにちは、リバーオールド・エリアテスターのマダラです。

前回は3分割の法則についてお話しました。

なんでも3つに分けて考えていくと整理しやすくなる、と言う考え方の部分です。

では、今回は具体的に道具の組み方についてお話しします。

エリアゲームは手軽ではあるものの、より多く釣る為には考え方や知識、テクニック、そして良い道具があったほうがより多く釣れるものです。

ですが、世に乱立するルアーだけを追いかけても、中々釣果が上がっていくものでもありません。

ロッドやリール、ラインやフック等の細かい部分の意味合いを理解して投入してこそ、再現性のあるゲームとなっていきます。

漠然と釣ったとしても、その意味合いが分からなければ偶然の域を出ず、再現性のある釣りとはなりません。


では、具体的に説明していきましょう。

まずはロッド。

何が良いとか悪いとかの話では無く、硬さを分けて使うと言う部分です。

ノセるとか、掛ける、と言う話を聞いたことがある人も居ると思いますが、プレイヤー側が意のままにノセたり掛けたり出来る状況ばかりではなく、魚に合わせてノセる、掛けるを選択していく事こそが重要となります。

魚が大きく反転して長い時間ルアーを引っ張るのであれば、無理に掛けずにノセていく。

チョンチョンと素早くルアーをアタックしてくる魚に対しては、魅せ方のローテーションで大きなアタックに変えていくと同時に、プレイヤー側で掛けていく事でヒット率を高められます。

こういった状況に合わせる為にも、最低でも硬いロッドと柔らかいロッドの2本、欲をいえば中間のオールマイティーな硬さのロッドを1本の計3本体制で釣りながら違いを覚えていくと解りやすくなります。

トラウトは同じエリアでも日によって、またシーズンによって、全然アタックの仕方が違ってきます。

ですので1本でなんでもやる、と言うスタイルも悪い訳では無いですが、意味合いを理解して釣っていくのなら、3本体制で釣っていくほうが理解度は高まると思います。


今回はロッドについてお話ししましたが、次回からはラインやフック、さらにはスプーンと組み合わせていくトータルのシステムについて、順次お話ししていきますのでお楽しみに!

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://river-old.com/cgi-bin/riverold_blog/tb.cgi/64



<< >>
トップページ






RSS


RingBlog v3.22